日記 / 21-01-07 / 見送る

●年末に義妹が急死してしまい、この冬休みはそれだけで手一杯になった。オレとも仲良くしてくれた明るい人だったのでショックや悲しみももちろんある。喪主ではないが諸々の実質的手配やその後の処理の手伝い等やることも多い。疲れてはいないがやはり人を見送るのは辛い。

●亡くなっていた部屋を今日訪れたのだが、ミニマリストというほど大袈裟ではないが実に整然として無駄のない部屋でびっくりした。若い頃から持病があり長生きが望めないからこそいろいろやってみたかった、という痕跡もあり切ない。人間シンプルに、だけど貪欲に、生きなきゃね。教えられた。

●妻も自分の妹を見送ることで起こる諸処の出来事に疲れたのか今日は夕食を作る気力がないらしく二人で行きつけのネパール料理屋へ。気さくな人柄のネパール人の店主なのでなんとかコロナ禍の非常事態宣言の中を生き延びてほしい。

●夕食でハイボール2杯、焼酎1杯。その後今日から20時で閉店になるドトールへ駆け込んでタイツの絵を描く。描くためだけに駅前まで行くのでなんだか本末転倒(笑

●余っているマーカーで色もつけたがこういう単純作業は心がフラットになって落ち着くので、今度は最近よく100均で売っているアルコールマーカー(コピックみたいなやつ)を試してみたいな、と思い始めた。こうしてペンの在庫を減らすつもりで描いているのに、またペンが増えるのだ。

日記 / 21-01-06 / 超ロングスリーパーの憂鬱

●超ロングスリーパーである。9時間睡眠は絶対キープ。12時間は余裕で寝られる。毎日。

●なので起きている間は眠気を感じることはまったくない。一旦集中すれば集中力は結構続く。しかしこれが毎日となると生活のいろいろな部分に皺寄せがくる。自戒の念がある種の焦りのような感情を生んで心が乱れる。

●これを矯正したいと思っているのだが、何しろ長年の生活サイクルになってしまっていてどうにもならなず途方に暮れている。これが理由で若い頃から朝早くから定時に働き始めることができず、「勤め人ではない生き方」をせざる得なかった。そう言えばカッコいいようなものだが、人生あと15年以上はきっちり働いて70過ぎの住宅ローン完済まで走り抜けたい。職業、収入、生活サイクルをいろいろ考える。考えているだけで答えが出ない。

●基本的に楽観的過ぎるくらいの性格なのでなんとなく達観はしているのだが、この異常なロングスリーパー状態はなんとか克服したい。そう言えば飲酒の量を昨年末からかなり減らしていいるつもりなのだが、今現在のウイスキーの残量から察するにさほど摂取量が変わっているようには思えない。まぁよくわからんな。とにかく生活を改善せねば。

●なんてことを考えながら今日もドトールでタイツの絵。使いかけのマーカー類もたくさんあるので今日から賑やかしに使ってみる。

日記 / 21-01-05 / カフェで絵を描く「今日のタイツ絵」

●12月後半から忙しさでちょっと途絶えてしまっていたドトールやタリーズなどのカフェで絵を描く「今日のタイツ絵」をまた復活。本来は大量にあるボールペンを順次消化するための手慰みだったが、これをやるとなんか心が落ち着く。なので日常に組み込まれた良い習慣と捉えたい。

●カフェで絵が描けるか、というと意外と描ける。まず起こる心配は周囲から見られて気にならないかだが、最近のカフェは図書館の机のように並んで座りPCとにらめっこしている人が多く、コロナ禍のためアクリル板で区切ってあるのでパーソナルスペース感が強い。それにマスクをしてイヤホンで音楽を聴いていると目の前のことに集中できるような気がする。特に自分の場合はニット帽、老眼鏡、マクス、イヤホンと頭部はほぼ何かに覆われているので一度集中すると周囲が気にならない。なかなかいい。

●カフェのスペースは狭いので用紙も小さい方がいい。いつも街角タイツっ娘スケッチ(もしくはメモ)をしているメモ用紙を使っている。5×3サイズの情報カードというやつで、手帳サイズ。小さい。

●一応穴を開けて綴じてあるがバラのメモ用紙なので描き損じても気にならない。下描きなしのボールペン一発描きなので実際描き損じることも多いのだが、最近はあまりストイックにならずに多少は修正ペンでの修正も許容してあまり緊張して描かないようもしている。

●小さいスペースに描くので最近流行りの0.3mmの極細ボールペンが合う。流行りで各社の新商品がいろいろと出る。出るたびに買ってしまうので手持ちの在庫もたくさんあるのだ。

●おかげでちょっとデジタル絵に疎遠になってしまっている。バランス取らなくちゃなと感じている。