日記 / 21-02-12 / 海底トンネル、たま、WP設定

●2月11日の休日、川崎港海底トンネルまで散歩。前日に突然思いついて早起きするつもりが昼過ぎに目覚めて午後からになってしまった。

●蒲田 – 糀谷 – 萩中公園 – 産業道路へ出て – 大師橋から多摩川を渡って – さらにひたすら産業道路 – 途中海側へ左折して – ひたすら埠頭の工場地帯 – そして千鳥公園のトンネル入り口。

●多摩川を渡ってから埠頭の千鳥公園までが想像以上に遠く感じた。Googleマップだと自宅から千鳥公園まで徒歩で9.2kmで丁度2時間。ハイボール缶を飲み継ぎながらの散歩だったからか海底トンネルの入り口まででかなりクタクタになってしまった。とは言えまったく人が歩いていない巨大工場群を左右に見ながら歩くのは楽しかったけど。

●川崎港海底トンネル。自動車用とは別にある人と自転車専用の細いトンネルだが割と小綺麗に整備されているので歩きやすい。長さ約1kmらしい。しかも真っ直ぐ。気持ちいいくらいに真っ直ぐ。ひたすら真っ直ぐなのだ。消失点へ向かってひたすら歩く。なかなか得難い体験ではある。単調なんだがワクワクする。

●そして東扇島側の出口へ。出た。何もなかった。クタクタになってたどり着いて見回せば何もない風景。むしろ心地良い。

●実際には大きな公園や展望台のある施設もあるので昼間は賑やかなのだろうが、そもそも出遅れたせいですでに17時半。日も暮れ始めている。しかも疲労感が半端なく軽く低血糖状態を起こしかけているようだ。しばらくへたり込んで酒を飲みつつピーナッツをつまむ。ピーナッツ、買っといて良かった。

●というわけで10分ほどの滞在で、またトンネルを歩いて引き返す。この疲労の中歩いて川崎駅を目指すのは無理ではないか、と途方に暮れかけていたら目の前にバス停が。工場勤務の人たちらしき人たちが並んで待っていた。助かった。川崎駅までバスで30分ぐらいかかったのでそれなりの距離だ。夜の工場地帯で遭難しなくて良かった。

●家を出る時何気なく選んだBGMがビートルズの「ホワイトアルバム」で、聴き終わった後「たま」が聴きたくなってベスト盤を。なぜかビートルズのホワイト聴くとたまも聴きたくなるんだよね。似ているわけじゃないけど音楽的に通底するものは感じるよね。長いトンネルの行き帰りはずっとたまで、なんかものすごく幻想的というか狭いトンネルを歩いているのに茫洋とした気分というか、ぼんやりとした夢の中みたいでなんかとても良かった。うっかり泣きそうになった。

●ちなみにトンネルの中は電波が圏外なのだがApple Musicのキャッシュが効いたのか、音楽は途切れなかった。

●疲れた体で摂取する吉野家の牛鍋焼き定食が涙が出るくらい美味かった。

●2月12日。妻も在宅勤務の日で、猫がデスクにしているキッチンテーブルに上がってきてはまとわりつくらしい。想像の中のwith猫ライフでは仕事する横で大人しくゆったり眠っているというイメージだが、実際は目の前何度も横切ったり、キーボードの上で毛繕い始めたり、その辺の小物を咥えて持って行こうとしたり「仕事にならん怒」とのこと。

●今日もドトールでタイツの絵。uni-ball Signo RT1の0.28mmが使い終わって今日から在庫にあった同シリーズの0.38mm。

●夜、ブログのWordpressテーマをいじろうとしたけど、CSSの制御に失敗して元に戻した。Wordpress記事のTwitterカード表示は面倒かと思ったらプラグインのAll in One SEOの設定をいじるだけだった。いろいろあって3時間くらい格闘してしまった。一通りおさらいもしたいのだがやりたいことがたくさんあって手が回らないや。