日記 / 21-02-21 / 最高のツーマン、指でドラム、パラパラマンガ

●ほとんど人通りのないブログでも日記を書き続けることで得られる心の落ち着きみたいなものは確かにあるなぁ、と。軽く振り返って、言葉に残して、そうすることで雑で取り止めのない思考のカケラという埃がキレイに吹き飛ぶというか。

●2月18日。下北沢 シャングリラ。元々ガーデンという箱があった場所が運営変わってリニューアルオープン。ガーデンの頃はスタッフから酷い扱いを受けた的な話の数々が地下アイドルオタクの間で広まっていて、正直怖い箱というイメージだったんだが。運営変わったらスタッフがとても丁寧で運営って大事だな、と。

●SAKA-SAMAとグデイのツーマン。今考えうる限り最高の2組。アイドル的にも楽曲的にも。コロナ禍対応で開演が早めでフロアーはソーシャルディスタンスばっちり。なんか勿体無いよなー、最高の2組なのに。おかげで最前で見ることができたけど。

●SAKA-SAMAは最近、新譜からの曲「ひとりぼっちの地球人」という曲をラストに持ってくることがあって、爆上げ曲で終わるんじゃなくてちょっとリズムに乗りながらチルして終わる、という新しい技を身につけたようだ。

●グデイの新曲「305KB」が最高。歌い出しがJellyfishの「Joining a Fan Club」っぽくて最高。その後に続くメロトロン的な音もビートルズ好きなオレにとって最高。あと中盤、バックがドラムとベースだけになって歌うミ米ミのパートが最高。もう室井ゆう&ミ米ミほんと最高。楽しいライブだった。

●最近ちょっと現場の数減量してるんだけど、数が少ない分現場行くととてもテンションが上がる。帰宅して酒飲みながら音楽聴いて結構ヘベレケに。

●2月19日。フィンガードラムという新しい概念をインストールした。iPadのドラムアプリ。リアルドラムセットを模した画面を叩くものもあるし、打ち込み的に整然と並んだパッドを叩くタイプのアプリもある。以前から知ってはいたけれど実際やってみると楽しいし難しい。8ビートのハイハット、秒で挫折した。情報漁ったり、継続的に練習したり、ちょっと向上したい。

●2月20日。自宅から呑川沿いを上って大岡山まで散歩。1時間半ぐらい。音楽聴きながら歩くの精神的健康にいい。ハイボール缶はこの日は飲まない。呑川、普段から鴨が多いけどこの日は鷺が魚食ってる光景に遭遇。オレが子供の頃(←昭和)のドブ川のイメージはもうないな。大岡山、地域住民の散歩コースになってる東工大のキャンパス、いいよね。

●Procreateを使ったGIFアニメ作りが楽しい。この日もドトールで試作。昨日アップしたようなどうってことないアニメ、量産したい。とにかく絵が動くのが楽しい。若い頃こんな感じでパラパラマンガにハマっていたら、アニメーター目指すとかオレのような才能の無い人間にとっては厄介で無謀な人生踏み出してたかもしれないな。この歳でまったりハマって良かった。

●2月21日。前日の夜また音楽聴いて飲み続けたので午後から始動。ドトール行ってGIFアニメ試作。変にやりたいことをどんどん増やすタイプなので、毎日頭は沸き立ってるんだけど、とにかく時間が足りないな。

●月末の自由律俳句のイベントのために作品投稿。いざお題を考えるとなると頭が真っ白。というかこっち方面はまったく才能がない感じ。まぁ、ひだりききクラブが大御所に囲まれてどんな句を繰り出すのかが楽しみ。

●そしてタイツの絵を描いた。

タイツのGIFアニメ

●日々年寄りくさい日記ばかりになってしまったけれど、このサイトはそもそも「タイツっ娘イラストブログ」なのだった。たまにはそれっぽいネタも更新しないとな、とか。

●Procreateで作るGIFアニメが楽しい。雑な作りなので動くラクガキといった感じだけど。8フレーム、時間にして1秒ちょい。でも動いて見えるとなんか満足感がある。フレーム数は気力の問題もあってせいぜい5から10くらいまでかな。1時間半くらいでできるので作業にとっかかる心理的ハードルも低くてモチベーションも続く感じ。

●週イチぐらいで継続して作れるといいなぁ。いや、作ろう。

日記 / 21-02-17 / 徹夜仕事、インデザが重い、生誕祭行けず、新規受注、猫の機嫌がいい

●2月14日 日曜日。特に何もない。大森まで散歩してベローチェとドトールをハシゴ。

●大森ベローチェは向かいのサンマルクカフェが1月に閉店してしまったためか割と混雑。Wi-Fiも完備してるんだけど混雑のためか繋がりが悪い。iPadで勉強をするつもりで来たのでiPhoneでテザリング。

●帰りに夕飯用に「福のから」で唐揚げ買ってみた。なかなか美味かった。

●妻と妹からチョコ。妻はケーキも用意してくれてなかなかの高待遇である。抹茶かと思ったらピスタチオのクリームらしい。

●夜中に日課のタイツの絵。

●2月15日 月曜日。仕事をこなさなければならないのになかなかエンジンがかからない。結局徹夜してしまった。第1期フリーランス時代もこの「夜の追い込み」に甘えてしまった苦労もあったので、第2期時代の今後は重々に自分を戒めていかねば。頑張るとどうにかなるんだが、もう体を酷使する頑張りには頼りたくない。

●2月16日 火曜日。徹夜明けのまま過ごす。月曜の仕事のやり取りで結局楽しみにしていた「朝倉みずほ生誕祭」に行けず。無念だ。あと1時間というタイミングでInDesignが急に重くなって作業に手間取ってしまった。久々のライブ現場だったのにほんとに無念。

●夜中のラクガキで絵は描いてあった。朝倉みずほさんお誕生日おめでとうございます。

●徹夜明けのまま寝ずにいたので夜もテンション高く、勉強ごとは捗った、かも。

●2月17日 水曜日。特に動きなし。かと思ったらメール送っても音信不通だった方からお仕事新規案件が。営業メールはこまめに送るに限るな、と。夕方ドトール行って勉強ごととタイツの絵。

●猫の機嫌がいい。11月に我が家に来た時はどうなることかと思ったが、3ヶ月したらちゃんと飼い主に興味を示す猫様になられて何よりだ。このまま撫でられるのが大好きな猫様としてスクスク育ちますように。

●16日にライブに行けなかった元凶となったInDesignの重さ。3時間ほど検証してみて、解明はできていないが回避策は見つかったかも。

日記 / 21-02-13 / 新規受注、勉強好き、イラストマーカー

●電話で起きた。土曜日なんだが仕事の連絡で新規受注案件だった。金額が張るわけではないが地道に対応しなくては。

●何せコロナ禍で営業活動がやりにくく、ピンポイントで仕事がやって来る仕組みが作りずらい。ギグエコノミーなんて言葉もあるけど、仕事をこなす人材を求めている会社 / 個人と、その仕事をこなすスキルがある会社 / 個人をマッチングする仕組みというのがまだまだだなぁ、なんて思う。いろいろそういうサービスはあるんだけど、もっと仕事は転がってるはずなんだよな。単発のクラウドソーシングは「安くても仕方なく群がる」という点であまり「仕事」という感じがしない。

●その仕事のデータ確認とか、諸々セットアップとか。夕方のドトール休憩には行けた。NHK Worldのニュースで英語の勉強、NHK講座の「まいにち中国語」、そしてタイツの絵。各20分配分で1時間。いい感じに充実した。何気に勉強好き。

●糖尿病と血糖値とその治療薬についての基礎知識をぼんやり検索してメモっていたら2時間くらい経ってしまった。何気に勉強好き。

●何気に勉強好き、というとダイソーのイラストマーカー使った絵のスキルアップも図りたい。最低でも一日一枚は描かなくちゃなぁ。ドトール休憩でのタイツの絵もあるからお絵描き一日二枚はマスト。

●地震。結構揺れたが猫はほとんど動揺していなかった。まだ子猫だからかな。

日記 / 21-02-12 / 海底トンネル、たま、WP設定

●2月11日の休日、川崎港海底トンネルまで散歩。前日に突然思いついて早起きするつもりが昼過ぎに目覚めて午後からになってしまった。

●蒲田 – 糀谷 – 萩中公園 – 産業道路へ出て – 大師橋から多摩川を渡って – さらにひたすら産業道路 – 途中海側へ左折して – ひたすら埠頭の工場地帯 – そして千鳥公園のトンネル入り口。

●多摩川を渡ってから埠頭の千鳥公園までが想像以上に遠く感じた。Googleマップだと自宅から千鳥公園まで徒歩で9.2kmで丁度2時間。ハイボール缶を飲み継ぎながらの散歩だったからか海底トンネルの入り口まででかなりクタクタになってしまった。とは言えまったく人が歩いていない巨大工場群を左右に見ながら歩くのは楽しかったけど。

●川崎港海底トンネル。自動車用とは別にある人と自転車専用の細いトンネルだが割と小綺麗に整備されているので歩きやすい。長さ約1kmらしい。しかも真っ直ぐ。気持ちいいくらいに真っ直ぐ。ひたすら真っ直ぐなのだ。消失点へ向かってひたすら歩く。なかなか得難い体験ではある。単調なんだがワクワクする。

●そして東扇島側の出口へ。出た。何もなかった。クタクタになってたどり着いて見回せば何もない風景。むしろ心地良い。

●実際には大きな公園や展望台のある施設もあるので昼間は賑やかなのだろうが、そもそも出遅れたせいですでに17時半。日も暮れ始めている。しかも疲労感が半端なく軽く低血糖状態を起こしかけているようだ。しばらくへたり込んで酒を飲みつつピーナッツをつまむ。ピーナッツ、買っといて良かった。

●というわけで10分ほどの滞在で、またトンネルを歩いて引き返す。この疲労の中歩いて川崎駅を目指すのは無理ではないか、と途方に暮れかけていたら目の前にバス停が。工場勤務の人たちらしき人たちが並んで待っていた。助かった。川崎駅までバスで30分ぐらいかかったのでそれなりの距離だ。夜の工場地帯で遭難しなくて良かった。

●家を出る時何気なく選んだBGMがビートルズの「ホワイトアルバム」で、聴き終わった後「たま」が聴きたくなってベスト盤を。なぜかビートルズのホワイト聴くとたまも聴きたくなるんだよね。似ているわけじゃないけど音楽的に通底するものは感じるよね。長いトンネルの行き帰りはずっとたまで、なんかものすごく幻想的というか狭いトンネルを歩いているのに茫洋とした気分というか、ぼんやりとした夢の中みたいでなんかとても良かった。うっかり泣きそうになった。

●ちなみにトンネルの中は電波が圏外なのだがApple Musicのキャッシュが効いたのか、音楽は途切れなかった。

●疲れた体で摂取する吉野家の牛鍋焼き定食が涙が出るくらい美味かった。

●2月12日。妻も在宅勤務の日で、猫がデスクにしているキッチンテーブルに上がってきてはまとわりつくらしい。想像の中のwith猫ライフでは仕事する横で大人しくゆったり眠っているというイメージだが、実際は目の前何度も横切ったり、キーボードの上で毛繕い始めたり、その辺の小物を咥えて持って行こうとしたり「仕事にならん怒」とのこと。

●今日もドトールでタイツの絵。uni-ball Signo RT1の0.28mmが使い終わって今日から在庫にあった同シリーズの0.38mm。

●夜、ブログのWordpressテーマをいじろうとしたけど、CSSの制御に失敗して元に戻した。Wordpress記事のTwitterカード表示は面倒かと思ったらプラグインのAll in One SEOの設定をいじるだけだった。いろいろあって3時間くらい格闘してしまった。一通りおさらいもしたいのだがやりたいことがたくさんあって手が回らないや。

日記 / 21-02-10 / 足りないけど満ち足りてる、SignoとOne、ダイソーイラストマーカー

●そう言えば日記の更新がちょっと途切れていた。

●1月31日に久々にアイドル現場2つこなして6グループ見て超楽しかったし、楽しいゆえの疲れは心地良かった。いろんなことを書こうと思っていたのに、心が満足しすぎるとアウトプット欲求も無くなるのかもしれない。

●久々に渋谷のFlying Tiger寄ろうと思ったらすでに閉店撤退していた。渋谷の憩いの場だったのに。これはショックだ。さらに数年ぶりに青学前の青山ブックセンターに寄ったら欲しい本が沢山あってひたすらため息。

●2月になった。日々の生活は引き続き停滞中だが、猫はすべての仕草が可愛く、妻の料理はいつも美味い。それに毎日の落書き絵が楽しい。正直小さく満ち足りてしまってはいる。今後のための勉強はヨロヨロとだが続いている。なぜか勉強も楽しい。そもそも子供の頃から勉強ジャンキーだったのかもしれない。

●蒲田のタリーズで勉強。その後いつものドトールに移動してタイツの絵。

●絵を描いている途中uni-ball Signo RT1 0.28mm(←ボールペン)がやっと使い終わりになった。急遽uni-ball One 0.38mmで続きを。同じuni(三菱鉛筆)のペンで、OneはSignoの後継になるのかなと思っていたが、なんか書き味というかインクの出方の制御が全然違う。元々Signoのシリーズはペン先がカリカリするタイプだったのだが、Oneはフロー良くドバッと出る感じ。なので0.38mmという激細ボールペンなのにグリグリ描ける。しかしこういうペンは毎日ドトールで描いている下描き無しの絵の場合ちょっとドキドキするけど。

●そうそうダイソーのイラストマーカーで塗るのが今とても楽しい。ダイソーに行く度に1セット(2本)ずつ買い増して今12色分。絵を描くにはまだまだ足りないが試行錯誤の過程でワクワクしてる。毎日絵をたくさん描きたい。

日記 / 21-02-04 / 20校まで、ガッキー、1週間ぶり

●印刷・デザイン業用語で「n校」(←nには数字が入る)というのがある。「校」は校正のことで確認用に提出する行為のことである。初校(=1校)でOKになるのは稀で、再校(←2校)ならベスト、通常は3校ぐらいでミッションコンプリート、かもしれない。今関わっている仕事で危うく20校まで行きそうになった。ほぼやり直しのちゃぶ台返しが3回ほど。さほど大ごとでもないのだが、いつ終わるか見えない仕事は心が疲弊する。

●我が家のガキンチョ(←猫)が今日も元気。元気かと思うとツンとした顔でこっち見た後知らんぷり。お食事を用意しているそばからテーブルに飛び乗って食べようとする。気がつくと椅子の下の足元で寝ていて踏みつけそうで危ないことこの上ない。猫は自由。猫はこの星の自由な支配者。我々人間は猫様のお世話をさせていただく喜びを噛み締めなければならない。猫様の自由を下支えするために我々は「不自由」を甘い菓子のように噛み締める。最近は「ガキンチョ」から「ガッキー」に呼び名が変遷している我が家である。ちなみに本名は「れのちゃん」。

●そんな長引いた仕事で外出も制限されて久々のドトール。ドトールはいい。何よりアイスコーヒーが美味い。この世界のアイスコーヒーはドトール製か、それ以外かの2種類しかない。そしてタイツの絵を描く私である。中華通販サイトである淘宝や天猫(←両方ともアリババグループらしい)に転がっているタイツ通販画像のクオリティの高さ(というか日本が過去に置き去ってきた「女の子」に感じる甘酸っぱさ)にメロメロである。と書いていて「メロメロ」という表現は若い人に伝わるのかちょっと不安にもなる昭和生まれである。