日記 / 21-01-08 / すずめ園さんのラジオ、ラインマーカー、macosの悲報

●待ち遠しかった自由律俳句の俳人・すずめ園さんが出演のFM甲府の番組を聴く。最近はFMと言っても小さなコミュニティ局だったりしてちゃんと聴けるか戸惑うので前々日からきっちりリサーチ。当日はスクリーンキャプチャーソフトを使って無事録音もできた。

●アイドル時代は、ステージ上とかイベントではちょっと奥ゆかしい感じで言葉を選びながらトークをする人という印象があり、特典会の直の会話ではアイドルっぽさを振りまきながら「ああ、この人、頭いいんだろうな」と窺い知れる感じがあった。今日の放送では、それらとも違うリラックスした素の雰囲気があって楽しかった。

●「文化人系アイドル」みたいな枠の可能性も感じたので、これからも期待していたい。自由律俳句ユニットが俳句を読み、ライブアイドルがライブをする、という対バンがあってもいい。「趣味性」を表現に変えられるなんてとても素敵だ。特に「ひだりききクラブ」という自由律俳句ユニットは出雲にっきさんんのカラッと可憐な感じとすずめ園さんの思慮深くミステリアスな感じのバランスが良いのでイベントというよりライブステージで見てみたい。

●そう言えば大昔にSPA!で中森明夫氏が唱えていた「カルチャースター」みたいな概念もあったよね(あんまり好感してなかったけど)、なんてことも思い出した。

●ドトールで今日のタイツ絵。uni-ball Signo RT1で描いた線画がラインマーカーで滲んでしまった。

●検証案件として自宅で手持ちのボールペンの一部とラインマーカーのいくつかの種類との相性を試してみた。やっぱりゲルインク系はちょっと線が流れて弱いか。「じゃぁあのペンとは?」とか想像し出してまた筆記具が増える予感。

●iMacのマイナーアップデートかけたらなんか調子が悪い。気がついたらメインにしている外付けSSDから起動できなくて、温存している内蔵HDDしか使えなくなっていた。改めてSSDにOSを再インストール。うまくいくのかな。三連休で良かった。

●もうmacos BigSurが動くマシンではないので近々買い替えが必要ではある。金銭的やりくりがまた増える。次はiMacではなくMacBookProのでかいやつかなぁ、とも思う。仕事は自宅のデスクでやるのだが、外出中に急な修正が入ると何があっても戻らなければならないので効率が悪い。となると、MacBookProとiPadPro(主にお絵描き用)の2台持ち!? となってしまいこれまた荷物的に非効率。悩む。一番の悩みは → カネが無い。

日記 / 21-01-07 / 見送る

●年末に義妹が急死してしまい、この冬休みはそれだけで手一杯になった。オレとも仲良くしてくれた明るい人だったのでショックや悲しみももちろんある。喪主ではないが諸々の実質的手配やその後の処理の手伝い等やることも多い。疲れてはいないがやはり人を見送るのは辛い。

●亡くなっていた部屋を今日訪れたのだが、ミニマリストというほど大袈裟ではないが実に整然として無駄のない部屋でびっくりした。若い頃から持病があり長生きが望めないからこそいろいろやってみたかった、という痕跡もあり切ない。人間シンプルに、だけど貪欲に、生きなきゃね。教えられた。

●妻も自分の妹を見送ることで起こる諸処の出来事に疲れたのか今日は夕食を作る気力がないらしく二人で行きつけのネパール料理屋へ。気さくな人柄のネパール人の店主なのでなんとかコロナ禍の非常事態宣言の中を生き延びてほしい。

●夕食でハイボール2杯、焼酎1杯。その後今日から20時で閉店になるドトールへ駆け込んでタイツの絵を描く。描くためだけに駅前まで行くのでなんだか本末転倒(笑

●余っているマーカーで色もつけたがこういう単純作業は心がフラットになって落ち着くので、今度は最近よく100均で売っているアルコールマーカー(コピックみたいなやつ)を試してみたいな、と思い始めた。こうしてペンの在庫を減らすつもりで描いているのに、またペンが増えるのだ。

日記 / 21-01-06 / 超ロングスリーパーの憂鬱

●超ロングスリーパーである。9時間睡眠は絶対キープ。12時間は余裕で寝られる。毎日。

●なので起きている間は眠気を感じることはまったくない。一旦集中すれば集中力は結構続く。しかしこれが毎日となると生活のいろいろな部分に皺寄せがくる。自戒の念がある種の焦りのような感情を生んで心が乱れる。

●これを矯正したいと思っているのだが、何しろ長年の生活サイクルになってしまっていてどうにもならなず途方に暮れている。これが理由で若い頃から朝早くから定時に働き始めることができず、「勤め人ではない生き方」をせざる得なかった。そう言えばカッコいいようなものだが、人生あと15年以上はきっちり働いて70過ぎの住宅ローン完済まで走り抜けたい。職業、収入、生活サイクルをいろいろ考える。考えているだけで答えが出ない。

●基本的に楽観的過ぎるくらいの性格なのでなんとなく達観はしているのだが、この異常なロングスリーパー状態はなんとか克服したい。そう言えば飲酒の量を昨年末からかなり減らしていいるつもりなのだが、今現在のウイスキーの残量から察するにさほど摂取量が変わっているようには思えない。まぁよくわからんな。とにかく生活を改善せねば。

●なんてことを考えながら今日もドトールでタイツの絵。使いかけのマーカー類もたくさんあるので今日から賑やかしに使ってみる。

日記 / 21-01-05 / カフェで絵を描く「今日のタイツ絵」

●12月後半から忙しさでちょっと途絶えてしまっていたドトールやタリーズなどのカフェで絵を描く「今日のタイツ絵」をまた復活。本来は大量にあるボールペンを順次消化するための手慰みだったが、これをやるとなんか心が落ち着く。なので日常に組み込まれた良い習慣と捉えたい。

●カフェで絵が描けるか、というと意外と描ける。まず起こる心配は周囲から見られて気にならないかだが、最近のカフェは図書館の机のように並んで座りPCとにらめっこしている人が多く、コロナ禍のためアクリル板で区切ってあるのでパーソナルスペース感が強い。それにマスクをしてイヤホンで音楽を聴いていると目の前のことに集中できるような気がする。特に自分の場合はニット帽、老眼鏡、マクス、イヤホンと頭部はほぼ何かに覆われているので一度集中すると周囲が気にならない。なかなかいい。

●カフェのスペースは狭いので用紙も小さい方がいい。いつも街角タイツっ娘スケッチ(もしくはメモ)をしているメモ用紙を使っている。5×3サイズの情報カードというやつで、手帳サイズ。小さい。

●一応穴を開けて綴じてあるがバラのメモ用紙なので描き損じても気にならない。下描きなしのボールペン一発描きなので実際描き損じることも多いのだが、最近はあまりストイックにならずに多少は修正ペンでの修正も許容してあまり緊張して描かないようもしている。

●小さいスペースに描くので最近流行りの0.3mmの極細ボールペンが合う。流行りで各社の新商品がいろいろと出る。出るたびに買ってしまうので手持ちの在庫もたくさんあるのだ。

●おかげでちょっとデジタル絵に疎遠になってしまっている。バランス取らなくちゃなと感じている。

日記 / 20-12-31 / 2020年が終わる

●このサイト、というかこのブログ、というかこのtricotcafeという個人ブランド名をどういう位置づけにするか、そんなどうでもいいことに悩んでいる。タイツ(フェティシズム)のサイトという設立当初からのコンセプトは守りたいし、過去の書き込みは失くなった今でも見にくる閲覧者はそのつもりでやってくるのだろう。でも今自分が日々書きたいのはタイツの話を紛れ込ませながらも淡々とした日記なわけでなんとなく居心地が悪い、そんな気がしている。

●2020年が終わった。世の中的に(全世界的に)停滞した年だったし、自分の私的生活にとっても停滞極まりない年だった。自分を奮い立たせようという微かに残った若々しさと、体や心、そして社会的生活の細部に顕在化する「私はすでに老人というカテゴリーに入りかけているのだ」という諦念が錯綜する。来年はその折り合いをつける年になりそうだ。

●義妹が亡くなった。部屋で一人突然死だった。その日のうちの発見だったのがせめてもの救いかもしれない。持病の悪化でありコロナではなかった。大晦日の午後彼女は灰になる。どうか安らかに静かな空へ。

●過去に発行した同人誌の「タイツっ娘画報」の総集編(PDF版)を作ろうと思っているのだが、そのプロトタイプ的な同人誌も含めて勘案すると140ページくらいになってしまう。しかし最近はスマホで見る人が過半数なのでこのページ数だと容量が巨大になりすぎるし、ちょっと思案中。この10年の「タイツサークル・tricotcafe」のまとめにもなるので是非とも出したい。

●と同時に「街角すれ違いざまタイツっ娘メモ」は日々増えていく。創作活動とは人目に晒す「アウトプット」なのだ。見てもらえる形にしなくては意味がない。

日記 / 20-12-20 / 珈琲館〜ドトール、油断してたら手間がかかる仕事

●夕方地元のタリーズに行ってみたら完璧なまでに満員でお客がびっしり。最近流行りの図書館のブースみたいな作りの席なので、人がびっしりいるとなんか異様だ。

●同じビルの上階にある珈琲館へ。ここに珈琲館があるのずっと知らなかったんだよね。こちらはケーキ食べてる家族連れやお喋りしたいおばさんたちで一杯。席が空いていて良かった。Wi-Fiもきっちり完備してる。昔20代の頃はよく飲んでいた珈琲館の炭火珈琲、久々に飲んで懐かしかった。

●レコードコレクターズ誌の最新号はRCサクセション特集。結成50周年なんだね。確か高2の時に友達からアルバム「ラプソディー」を教えてもらって、シビれたねぇ。毎日聴いてた。もう40年前なのか。20代にいた会社の同期の女子が清志郎大好きでライブチケットをついでに手配してくれたのでよく見に行ったりもしたな。

●珈琲館の後にドトールへ。サ店のハシゴはよくやる。今日のタイツの絵描いて、レココレ読んだ。

●なんか唐突にやってきた仕事、すでにあるものの改変レベルで楽なのかと思って油断してた。よくよく整理してみると見本はあるにせよほぼフルスクラッチの作業だ。ひゃー。なんか大変そう。ちゃんとこなせたら継続受注につながるのかな。

●その仕事にとっかかってたら真夜中になってしまい、今日の絵はドトールで描いたもののみ。最近アナログ絵に夢中になっていて、デジタル絵がおざなりになってるの良くないな。

日記 / 20-12-19 / ドトール→仕事→ラクガキ、それだけの日

●一日のスタートで出遅れた。ドトール行って、仕事して、終わったらすでに夜中。

●ドトールの「今日のコーヒー」はハワイコナ。美味しい。深煎りの苦味を効かせたシアトル系の珈琲よりやっぱりドトールだな。妙に頭の中が取り止めない感じで絵を描けなかった。

●近所のスーパーで夕食の惣菜を買うついでにたまたま見つけた自家製ジャンボプリンを。でかい。友達のお母さんが作ってみたオヤツ見たいな素朴な味。

●昨日の夜になんとなく描いたラクガキだが、塗りに使ったPILOTのJuice Paintというマーカーのメタリック色がなかなか楽しい。アイドルの生誕用メッセージカードを集める時に買ったヤツが残っていたんだよね。メタリックなのでテラテラ光る。写真に撮ってもテラテラ感は写らないのが残念。

●今夜も描いてみた。うん、いい感じのメタリック感。線は新商品のPILOT アクロボールの0.3mm。とうとうアクロにも0.3の波が。筆記では良好だけど画材として使うにはちょっとデリケートかもしれない。

●もちろん今日のタイツの絵も。ディズニーちゃん。描かずに寝るのはちょっと悔しいな、と思えるようになったので「毎日のタイツの絵」という習慣化は完成したかな。

日記 / 20-12-18 / 仕事→ドトール→宅飲み、回グル

●日記が順調に続いているが、書くネタに困ってその日の食事の写真をあげるようなヌルいことはするまいとは思っている。一応ここがタイツのブログであることは忘れていない。

●仕事してドトール行って宅飲みして一日終了。

●そして今日もドトールでタイツの絵を描いた。ディズニーちゃん。ゴテゴテのコスチュームは描くのが大変だが楽しい。

●今月29日に解散する回せグルーブ開発部(アイドル)が解散の内情を語るYouTube配信を見た。1時間にわたって語られる内容は、そもそも友人同士のセルフ運営アイドルなのでドロドロした話ではなく、自分たちがやりたかったこととやれなかったこととの乖離についてメンバー間の心情を中心に。なんかバンドものの青春映画みたいだな、と感動し始めて最後まで見入ってしまった。

●回グルはデビューしたての2019年の秋に偶然見て「これは楽しいグループになりそうだ」とおこたそとチェキ撮ったなぁ。その後も対バンで見ているうちにコロナ禍に。解散ライブ見たいな。フルアルバムも欲しいし。

日記 / 20-12-17 / 突然仕事が湧いてきた、ボールペンマニアック

●一行日記程度のつもりで始めたはずがついつい長くなる。Wordpressアプリの使い心地がなかなかいい、というのも要因かも。その日の頭の整理という点で日記の効用は確かにあると感じる。

●仕事は開店休業状態が続いていたのだが、先週唐突にやってきた仕事を1本こなし、今週新たに別の会社から依頼も。一体どうしたんだ。もうコン詰める仕事は年齢的に弱音を吐きたくもあったのでヌルい人生の休暇を楽しんでいたのに。ちょっと方向転換のために来年から始める事柄の予定を見直さねば。

●女優の高畑充希がミニスカ白タイツで飛び跳ねるインスタ動画が可愛い、というニュースを目にしたので見に行ったら可愛かった。

●今日もドトールでタイツの絵。題材はその高畑充希の動画から。今週の使用テーマペンであるuni-ball Signo RT1をちょうど使い切れるかと思っていつもより余計に描き込んだけどまだ残ってる。

●買って置きっぱなしのボールペンのストックが多いのでその消化のために毎日描いてるのに、今日はPILOTのAcroball 0.3mmという新商品を見つけて買ってしまった。またボールペンが増えた。

●猫様の居住区が寒かろうと、壁面の防寒処理のためフェルト素材を買いにユザワヤへ。蒲田のユザワヤの文房具コーナー、今年になってから高級ノートに的を絞った売り場を作っていたのだがあまり需要がなかったのか普通にユザワヤっぽいアクセサリー雑貨コーナーになってしまって残念。まぁ、グランデュオのformaが小さいながら充実しているので文房具分は吸収できる。というかformaは毎日のぞいている。

●390円でビロードタッチの厚手のいいフェルト生地見つけて早速猫様居住区をリフォームしてやった。しばらく臭いを嗅ぎ回った後、今は落ち着いて熟睡中。少しは暖かいといいんだけど。

日記 / 20-12-16 / 酒量再考、空白の日、絵の用紙

●火曜日見たライブが楽しくて、テンション上がって少し飲み過ぎてしまった。ライブ前にハイボール2杯。ライブハウスでビール1缶。帰宅途上でハイボール1缶、帰宅してウイスキーストレー2杯。飲み会で人と話しながらだともっと飲むけど、一人でモクモクと飲むにはこのくらいがちょうどいい。

●飲んでる最中はなんともないが翌日に響く。二日酔いとかではなく頭も体もぼんやりで生産性がない。今日は空白の日。

●最近酒量について考え直していて、結構減らしているつもりなんだが、1.8リットルのペットボトルで買っている宅飲み用のブラックニッカの消費スピード(ちなみに月に3本以上)はさほど変わってないような気がする。なんでだろう。きっちり酒量コントロールする方法を考えた方がいいかもしれない。幸いまだ肝臓系の検査の数値は良好なので、手遅れにならないうちに。

●寒い。猫の居住区画は本棚の一マスでクッションは敷いてあるけれど、周囲をフリース生地か何かを貼ってやった方がいいかもしれない。

●いつものドトール。向かい側の席にヤンチャ系だけど仕事ガンガンやります的な若いビジネスマン。マスクはしていない。咳をゲホゲホっとした後「ああPCR検査キットでも買わなきゃだなー」と、やはりマスクはしていない隣の同僚らしき人に。もらい事故もなんなのでひっそりと席を移動した。

●テンションの低い日で絵を描くのも億劫。なんとかドトール閉店間際に今日のタイツの絵。由緒正しき黒タイツJK。

●テンション低い日は夕食時にビールでカッと気持ちをあげたくなるんだが、これは負のスパイラルを明日に持ち越すことにもなってしまう。飲んだけど。

●絵を描く用紙は何がいいだろうか。サイズとか紙質とか。もちろんメインはデジタルだとしても、紙に描くのも楽しい。定期的にこうした悩みが湧いてきていろんな用紙を買い込んで、そのストックもなかなか膨大。地道になんかの形で消費すればいいのか、それとも全部捨ててiPad一枚抱えてスタイリッシュに生きるのがいいのか。